スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京は雪

天気予報で雪が降ると聞いたときはまさかと思ったが、本当に初雪…
東京で11月の降雪は54年ぶりらしい。
家にこもって石磨きをするには良い日かもしれない。

毎年11月12月は仕事が忙しいため、趣味活動はあまりできない。
石拾いに行くのも難しいかなあ。冬の海、行ってみたいけど。
10月下旬に赤白マーブル模様のチャートで作った勾玉が完成して、勾玉は通算3個になった。
以前に磨いた琥珀色のカルセドニーをペンダントトップにした。
どちらもまだ写真を撮っていない。

石の写真をいくつか。
拾った石・磨いた石はこんな感じで保管中。
IMG_0672_R.jpg
100均の木箱にニスを塗って、磨き済みの石を入れるほうにはフェルトを敷いている。
同じ箱を三つ積み重ねているが、すでに入りきらなくなっている。ので、一部はクッキーの空き缶に保管しているが、見た目がいまいち。
あと三つくらい木箱を増やして、外枠も作って小引き出しのようにしたい…時間ができたら。

基本的に研磨する目的で石を拾い集めているが、なかには磨かずそのまま鑑賞したほうが良いと思う石もある。
砂岩みたいな粗い石質だと研磨してもツルツルピカピカにはならないしね。

このゴツゴツした質感がいい石。
KIMG0459_R.jpg
砂岩(泥岩?)に、白い結晶リング。
KIMG0500_R.jpg
縞模様。
KIMG0503_R.jpg
スポンサーサイト

10月21日ビーチコーミング

10月21日、海へ石拾いに行った。
今度は三浦半島の東京湾側、野比海岸。帰ってきてから気がついたけど、カメラ持って行ったのにぜんぜん写真撮らなかった。
京急線のYRP野比駅から徒歩10分程度の野比海岸公園。到着してがっかり。海岸線がコンクリートでなにもかも固められていて、磯も浜もあったものじゃない。なんじゃこりゃ…。なんでこんなことするの…。(この時点で写真撮る気もなくなる)
しょんぼりしながらとりあえず、コンクリートの途切れるところまで移動。久里浜方面にしばらく歩くとようやく念願の砂利浜があらわれ、最終的にはそれなりにいい感じの石を拾うことができた。石の見た目、種類的に、半島の反対側、立石海岸と共通している。三浦半島の同じ地層から生まれた石たちだろうか。

IMG_0624_R.jpg
ピンク・赤・オレンジ系中心に集めた。3時間程度歩いたわりに数は多くない。


IMG_0632_R.jpg
きれいなオレンジ色のメノウ(カルセドニー)。左と奥は透明度も高い。

IMG_0635_R.jpg
今回のお気に入りはこれ。赤褐色の母岩に乳白色の石英層が嵌入している。よく見ると、赤と白の境目がメノウ的な縞模様になっている。断層のように、途中で縞がずれているのも面白い。

写真撮るの下手だな…。
撮影の練習もしなくちゃ。

オレンジ茶色の石

海で拾った石をひとつ磨いた。
この石。いびつな石や、欠け・ひび割れがある場合はダイヤモンドやすりを使って形を整えてから磨きに入るけど、その必要がないくらい元々きれいな形をしている。

IMG_0518_R.jpg


白とオレンジ色、茶色、黄褐色が混ざっていて、海の水で濡れていたときは鮮やかなオレンジが目立って目を惹いた。
色の違う部分はそれぞれタイプが違う。左上の黄褐色部分はややキメが粗くて小さな穴がプツプツある。右下の白いところは極わずかに透光性があり、硬くてつるつる。石英質。
オレンジ~茶色のところも珪石っぽい感じ。キメは細かく、硬い。カルセドニー(硬度7)でこすってみると、傷ってほどでもない薄い跡がつく。
この石は…チャート…かなぁ(わからない…)

耐水ペーパーをかけた感触では、白→オレンジ→茶→黄褐色と硬度が下がる感じ。硬度が低いところが先に磨り減ったからか、黄褐色の側のほうが厚みが薄い。下の写真では、左側が白い部分。

IMG_0522_R.jpg


まあとにかく、磨いてみた。

IMG_0574_R.jpg
つるつる~ん。

IMG_0575_R.jpg
うん、いい色。
いい形。

カルセドニーは、光を透かすと綺麗

ダイソーで買ったLED豆電球が四つ並んだライト。ちょっと改造して端の一つだけが光るようにして、石に下から光を当てるのに使っている。
四つとも光っていたときは明るさが弱かったが、一つに電力が集中するようになると光が強くなり、半透明のカルセドニーもきれいに透光するようになった。

KIMG0366_R.jpg

KIMG0369_R.jpg

KIMG0368_R.jpg

KIMG0371_R.jpg

KIMG0372_R.jpg

9月29日ビーチコーミング収穫物

二回目の海での石拾い。前回と同じ立石海岸。
台風が続いたためか、砂利浜だったのがほとんど砂浜に変化していて、「石がない…」とがっかり。
一応浜の端から端まで歩いてみると、一部分だけ石だまりができていて、そこに前回より良い感じの石がゴロゴロ!
カルセドニー(玉髄)類も前よりたくさん発見。充実の収穫になった。

IMG_0488_R.jpg
模様がすてきな石たち。(きれいに写るよう濡れた状態で撮影)


IMG_0495_R.jpg
玉髄系のみなさん

IMG_0478_R.jpg
レッドジャスパーでは?と思ってるやつ

IMG_0503_R.jpg
形よし色よし、でもなんか写真うつりが悪い二つ

IMG_0499_R.jpg
泥岩?にリング状の石英の筋

IMG_0511_R.jpg
丸っこくて半透明

そして一番のお気に入りがこれ↓
IMG_0516_R.jpg

石情報を検索していたとき、オーシャンジャスパーという石を知って、素敵だなあと思っていた。
オーシャンジャスパーには目玉のような同心円状の模様があるものがよくある。これを見つけたとき、オーシャンジャスパー(っぽい石)発見!と思った。
で、写真を撮ったりしているうちに、この石がだんだん魚の頭のように見えてきた。
目玉があって(眉毛もあって)、右下のほうには口みたいな模様もある。
イワシ…?
Engraulis_japonicus_01_R.jpg
(カタクチイワシ)

上から見てもやっぱり、魚を上から見たところみたい。片口イワシならぬ、片目イワシ。
IMG_0515_R.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。